採用情報

クリエイティブな発想を
ビジネスに変換できる人、求む!

MESSAGEメッセージ

「クリーン工房」という社名は、
クリーン=いつの時代でも先入観や偏見を持たず、常に新鮮な気持ちを持って事業と向き合い、
工房=地域のニーズにオーダーメイドで応えていく、という意味があります。
私たちが望む人材は、広い視野から新しい発想やアイデアを生み出し、
実行力、コミュニケーション力、統率力をもってそれらを具現化できる力のある人です。
たとえば「開発セクション」では、
大手ゼネコンや大手広告代理店、大手プラントメーカーなどとの共同事業体で進めるプロジェクトも多く、
情熱とアイデアをもって企画提案を行い、採用されることも少なくありません。
弊社の中核事業である「建物総合管理」は、
単に施設だけを見るのではなく、その周辺地域全体をとらえる“俯瞰の目”をもって維持管理運営することが大切であり、
あなたがこれまで培ってきた「ノウハウ」が随所に活きてくる仕事です。
自分の成長を感じながら次の課題解決に向けて「人間力」を発揮することが、
クリーン工房の次代のエンジンになります。

「業界を知る」サムネイル

業界を知る

「ビル総合管理」は、大切な資産を守ると同時に、高付加価値な総合サービスの創出も不可欠

ビルメンテナンスは建築物の清掃・警備・施設管理などの労働力を提供する業務ですが、「ビルマネジメント」は、建築物に関する管理、保守・改修から、運営、収益確保など“総合的なマネジメント業務”を包括するものです。
クリーン工房は、大切な資産を守るビルメンテナンスに加え、イベント立案・誘致・運営、さらにアウトソーシング業者の選定・管理を手がけることにより、「ビルマネジメント事業」でも高い評価を得ています。今後は、スポーツ施設、健康増進施設、文化施設などの事業にも力を入れ、より高付加価値な総合サービスの提供を目指します。

「事業を知る」サムネイル

事業を知る

クリーン工房が目指すのは、「日本一、まちづくりに真剣な会社」

公共施設が、老朽化による改修・更新時期を迎えています。大規模修繕などにかかる公的負担を減らすための施策が「PPP・PFI(官民連携)」事業であり、良好な公共サービスを継続し、さらに新たなビジネスチャンスの創出に民間の活力は必要不可欠となっています。
クリーン工房は、国や地方自治体が強く推進する「PPP・PFI(官民連携)」事業に積極的にコミット。民間ノウハウを活用して、人口減少や高齢化問題を抱える地方に~おいて、施設・建物を中心とした総合ファシリティマネジメントサービスや付加価値による“地方創生=まちづくり”を推進していきます。

「強みを知る」サムネイル

強みを知る

地域を知り、地域と連携して「付加価値」を展開。クリエイティブな発想は価値につながる。

クリーン工房は長年培ってきた維持管理のノウハウと、PPP事業(指定管理・PFI事業等)における自主事業(プログラム・イベント等)を通して様々な運営ノウハウを蓄積してきました。その結果、“箱モノ”の維持管理から脱却し、維持管理+運営事業の融合による“まちづくり”を実践しています。これからも、地域連携や付加価値のアイディアコンテンツを活かし、行政課題の解決、地域社会への貢献、地域活性へと繋げていきます。

職種紹介を見る

  • TOP
  • 採用情報